バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
春節

中華系の住民が多い土地では、この時期は赤い色が目立つ。
先週から中華系、ベトナム系の土地では、帰郷した理、この機会に海外に旅行など忙しい。
昨日もバンコクからサムットサコン県のマハチャイまで出かけたが、町では春節の飾り。
また、金曜日と合って郊外に出る車で渋滞であった。

ベトナムから来た友人も、当社に17.00に来る予定が18.50となって、生憎、小生と一緒にマハチャイへは同行できなかった。帰りに、中華系の住民の多いヤナワ地区まで帰ってきたが、静かな動きであった。
写真は、いつものパンチッププラザ。
春節大売出しをやっていた。

DSC00059.jpg
バンコクの繁華街では

大きなショッピングセンターではどこも春節の飾りである。
海外で旅行する方も増え、休日も長いベトナムなどからの観光客もある。
先のベトナムの友人もその一人。お正月から来るはずが、結局、ベトナムで言うテトになっている。
HCMの友人からは2/14から2/20はテト休みとか。

タイではお正月といえば、ソンクラン。4月の10-20日は多くの工場では休みのなる可能性が高い。
工場だけではなく、銀行も3日は休みで、前後に休暇を取る方もあって、仕事は遅れがちである。

その意味から、お正月の情報交換の時期をすぎると中国人のビジネスの動きが見えてくる。
寅年はどうなるか?
DSC00058.jpg
関連記事
スポンサーサイト