バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
アビシット首相、国王に拝謁
2010.3.9King +PM


3/9つけのBANGKOK POST紙によると、アビシット首相はプミポン国王に拝謁して、現在の政治情勢、治安情勢を報告した。最近、軍武器庫から大量の武器が盗み出された、との事件もある。3/14前後にタクシン支持者UDD(通称 赤シャツグループ)が大規模な抗議行動を行うため、バンコク都周辺に治安維持法を発令する予定になった。アビシット首相の豪州訪問はこの事態から延期になった。政府は「公衆の安全を確保すると共に、暴力行為が発生した場合の被害を最小限に食い止める手法」としての治安維持法の発動と説明をしているが、相当な警戒振りである。このため、金融相場、株式相場はバーツ安、株安になっているが、昨年から今まで政局が安定していたため、外国人の資本流入が一時的にも停滞する恐れもある。
10003408655_s.gif
クーデターで追放された首相が影響力を
2006.9.19クーデター写真は2006.9.19のクーデター当時

いずれにしても2006年9月クーデターにより失脚した元首相の動きが4年後の今も、タイ国内の政治が動かすことからタクシン元首相は各方面に相当な影響力があった、と見るべきであろう。2月末の元首相の資産6割没収との最高裁の裁定が、今後の政局にどのような影響を及ぼすか。また、経済面では、貿易、投資にどの程度影響がでるのか、注視をする段階となった。(2010.3.9)
原因は英国にいる人
無冠となったタクシン元首相
関連記事
スポンサーサイト