バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイの治安部隊はどう動くのか

昨日は,JCCの事務所があるChitromに午前、夕方は日本人会の総会がNANAのLandmark hotelで開催されたので中心街に2回出たことになる。
DSC00247.jpg
まず、BTSは群集が入り込まないように、いつでもシャッターが下ろせるようになっている・
BTSの下では,反政府活動UDDの一行がキャンプ生活を続けている。
BTS
それぞれ、ゲートがあって、それを通るには車や人物の検問がある。
ここはどこ?
非常事態宣言はどうなったの?である。
日本人会の総会が終わって

DSC00248.jpg
4/22の夕方、日本人会の総会に出席する前にBTS戦勝記念塔駅の手前をみると、こちらは無色の、いや多色の群衆が集まっている。こちらは反UDD、政府支持者の集会である。
バンコクの駅そのものが、どちらかの色に染まっているため、うかつにその色の服装を切ることができない。
若っているなら別である。

ただし、4/23の動きを見ると、終結への動きか、と思える向きもある。
1.UDDの要求が、即時国会解散から30日後の解散へ、少し譲歩していること。
2.軍部も、周辺の建物の住民の避難を呼びかけていること、裁判所に強制撤去の請求をして裁判所の許可をえたこと、から強制退去の動きもある屋に、思えた。
3.ところが、アヌポン陸軍司令官は、強制撤去はない、と発言。
硬軟双方を使い分けて、UDDと政府との対話を促進させようとの意図かと考えられる。
治安の責任者として、4/10の再発が無いようにしたい、との意向だろうか。

一方、日本人会の新しい会長も選任されたが、今の時点で団体の責任者を務めるのは大変である。
在タイ40年以上として、タイに何らかのご奉仕をする、考えが無ければできない。
残念ながら、タイには4-5万人の日本人がいると言われるが、日本人会に所属するのは8000名足らず。
その他は、地域地域で会を作り、それなりの活動をされているが、全国的にまとまるとなるのは難しい
DSC00249.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r