バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ようやく終わった!

友人からの電話と、Nation紙のweb newsによると5月19日13.30にUDDの幹部が警察本部に出頭。
最後のステージで、ラチャプラソン地区での反政府運動の解散を宣言。自分たちはもうこれ以上の犠牲者を出したくない、と。
DSC00038.jpg
新聞報道によると、UDD幹部と政府の協議がすでにうあって、国立競技場にUDDに参加した一行が地元まで送り届けるバスが準備されているようだ。数日前から、デモに参加する婦人、子供はラチャプラソン近くのパトムタニ寺院に避難していた。
5000人とも6000人とも言われる集会参加者がスムーズに田舎に帰れるとは思われない。
DSC00040.jpg
もちろん、納まらない一部の反動が続く

どの組織でも,TOPの判断に従わない者がいる。
午後1時15分の宣言をTVで見た地方のUDD支持者がそのまま素直に従うわけではない。
コンケン、ウドンラチャタニでは暴徒化している事例もある。
また、バンコクのラチャプラソン地区でも同様で、しばらく解散するまで、様子を見るほか無い。
DSC00198.jpg
ともあれ、吉報が飛び込んできた。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r