バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
6/30-7/7の日本出張
DSC00139.jpg
今回の日本出張は、当初、東京だけの予定であった。
このため、一番安いチケットを探すと、4月末の日本行きの場合と同じく、ホーチミンHCM経由のベトナム航空であった。
ちょうど6/29の夕方、19.30出発ということから、初めてエアポートリンクに乗って、始発のパヤタイ駅からスワンナプン空港駅まで乗車。8月までは無料乗車である。
DSC00140.jpg
乗客は、普通の電車のように座って、20分で空港に到着。
途中の駅には1,2箇所止まったが、あまり気にするほどではない。
正式な開業では、マッカサン駅から特急が出るようだが、各駅停車でも問題は無い。
途中経由地のHCMで

経由便の困るのは、次の出発までの数時間をどう過ごすかである。
たまたま今回は知り合いのS夫妻が日本からゴルフで来て、帰りの便に出会ったことである。

久しぶりのおしゃべりと、サッカーのワールドカップで日本が決勝リーグにでた試合がちょうど放映されていた時間帯であった。
DSC00147.jpg

試合は0:0の延長PK戦になった。
日本のキックで一喜一憂。
ゴールに入ると、大きな歓声が待合室から上がった。
ところが1つのゴールを失敗したときは待合の日本人からため息がでた。
このようにサッカーでも最後のPK戦になると、一人ひとりの日ごろの練習振りで決まる。
仕事でも何でも同じである。
ゴールができた選手の誇らしげな顔と、失敗して試合に負けた選手の顔が違う。
しかし、今回決勝リーグに出場できたことから、日本のチームが一帯感が一段と上がったようだ。
DSC00148.jpg

仕事でも同じ。
何か、苦労を共にすると一体感が増す。
成果を挙げるのは、毎日の仕事の積み重ねが重要だと言うことである。

ちなみに日本出張から帰って、今後の事務所の仕事の見直し、新しい体制を考えているところである。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r