バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
バンコクには、日本人が飲みに行く場所や欧米人が好む場所が分かれている。
シーロム近くのタニヤ通りは日本人の観光客やビジネスの接待で有名な場所であるが、その近くにも欧米人が好む店もある。
アイリッシュ・パブもそのひとつ。
アイリッシュの生演奏があり、今日はバグパイプの飛び入りもあった。
お客は、日本人のわれわれが数名であとは英国人、アイルランド人など。タイ人もいる。

月曜日はギネスビールが特売で、1グラス120バーツ(約350円)
ビール4杯と、トニックウオーター、ワイン1グラス合計で650バーツ(2000円弱)

日本からのお客様もタニヤまでは行くが、近くのアイリッシュパブに立ち寄る人は少ない。
今日お連れした人も、タイに20年近くいるが、初めてとのことであった。
タイと英国との関係は相当古い。
アイリッシュパブを受け入れるタイの度量の広さなのか?

日本人だけの世界から少し横を見るとバンコクには世界の料理、世界のお酒が楽しめる場所があるのだが・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/5-e8161f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック