バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
2年前に移転した移民局のサービスは向上している
DSC07171-10immigration2.jpg
昨年のVISA更新では、移転したばかりと、家内のパスポート紛失騒ぎで、とかく係官には迷惑をかけた。
ことしは朝から携帯電話の紛失騒動もあったが、無事戻ったことから、手続きについては余り気にならなかった。
しかし、秘書が言うには昨年と1点、異なることがあった。
何かというと、日本大使館でもらった家族の証明者のサインが、正規のものであるという証明を外務省の一部局に登録されているサインと同一かどうか、その証明が必要だった、とのこと。それは、大使館の証明を偽造する国もある、ということか?

DSC07172-10consular affairs 2010.9.17
確かに、一部の犯罪者がでると、それをもってその国の全体の印象が悪くなり、防御するための手続きが複雑になる。
スムースな労働許可申請

移民局では書類の多くいる。特に仕事関連のB VISAの延長では会社の決算書、登記簿謄本、役員名簿も
必要。今年は写真と左右の人差し指の写真も撮られた。
VISAの手数料は1900THBx2名分で3800THBであった。

それに引き換え、労働省の労働許可は、必要な書類が整っていれば、数時間で終わる。
今回は金曜日の朝、ということから移民局の手続きを終えて、デインデンの役所に行くと、数時間で2011年9月までの労働許可書は手に入った。
数年前の騒ぎは何だったのか、と考える。申請料100THB 許可代3000THBであった。
DSC07184-10work permit
DSC07186-10work permit2
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r