バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
まず、失敗から
DSC07506-10KIX1890JPY.jpg


10/20に関空に到着して、宅急便を出すことにした。
当初、1000円で良いと思っていたら、関空特別別料金として1890円が最低と分かった。
そのまま、品物を引き取って、最初に立ち寄る貝塚市の友人のお店から発送。950円で、しかも割引があった。
辻様、ありがとうございました。
DSC07509-10tsuji-san.jpg


滞在中、困ったことの2番目が、携帯電話の紛失である。

タイの携帯は、損料として7000THBと聞いていたので、しっかりと保持していたが、日本の携帯を入れたかばんのふたが空いていた。1日が終わり、時差ぼけもあって乗ったバスの車内で失ったらしい。
降りるときに、かばん2つと、土産などで携帯が落ちたことに気がつかなかった。
翌日に気がついて、地下鉄、近鉄には届けたが、奈良交通のバスが忘れていた。
金曜日に、大阪南警察には届けた。
DSC07560-10MInami Police
成果は?

第1は、落した携帯が出てきたこと。
南警察で紛失番号をもらって、損害保険で新しい携帯を買うかどうか、迷っていた。念のため、10/24に東京に向かう前日、携帯会社のSoftBankの店に伺うと、紛失はある所定の番号に通知することになっていた。
自分の携帯番号と紛失の日時をいうと、どうも拾って奈良県の王寺駅前の警察に届けていただいた方があるらしい。
残念ながら、土日は引き取れないことから、奈良県に在住の兄にお願いして、東京の宿泊先に送ってもらうことに。成果と言うか、何でも失せものが見つかると、うれしいものである。皆様、お世話になりました。

第2は、携帯電話がなくなった翌日。予定した打ち合わせ場所の大阪駅で、携帯電話が無くても会えたこと。
昼に鈴の広場でという一言がポイント。
12.00ちょうどに約束していた弊社の大阪連絡事務所長をお願いする井上様とその顧客に会えた。
何回も先方は当方の携帯に電話をされたらしい。ところが、(無くした電話だから)繋がらない。当方も、井上様の携帯が、自分の携帯電話に覚えさせているので、事務所しか電話番号が分からない。生憎、事務所も留守番電話で困っていたところ、大阪駅の鈴の広場で、井上様から声をかけていただいた。ほっとした。
ちょうど、成長する企業経営者と一緒に昼をご一緒することが出来、生きた経営哲学を学べたことが大きな成果だと言える!
DSC07527-10Venture.jpg
いずれ機会を見て、ご紹介をしよう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/524-c6cc13e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック