バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
日本はどこへ、タイの高速鉄道網構想

DSC08095-10 Minister of Transportation,Thailand

12/2にタイ政府、国土交通省とタイ国鉄の主催で、高速鉄道網の関係者の意見を聞くとした会があった。
ホテルのボールルームではほぼ満席の数百人もの関係者、政府、マスコミ、ビジネスマンが集まっている。会議は、タイ語と英語の同時通訳のため、欧米の外交官もいる。
まず、アビシット首相の開会挨拶に続いて、国土交通大臣の高速鉄道が通ることによるタイへの中国など諸外国からの投資が促進されるという講演。

DSC08097-10 Mr.Korn,minister of Finance

引き続き、コーン財務相から、今までの官民合同のプロジェクト運営の規制そのものを見直して、新しい官民協調の仕組みを作りたいという高速鉄道網を作るための応援の講演があった。

同席したK氏から、中国とタイとの関係強化が話の中心で、高速鉄道といえば日本の新幹線が主役だが、大臣の話にはそれが触れていないとの指摘。会場も、当初予定されていたホテルから、中国系資本が経営し、中国の雰囲気が感じられるShangri-Laホテルに変更されていたことも、何かタイ政府と中国政府との提携での高速鉄道網を作るぞとの発表会である。
DSC08090-10Railway network In Thailand
K氏はPress Cardも持っているため、記者との質疑応答で、聞いてみる、として会場からロビーに出た。講演後の国土交通大臣が記者団に囲まれていた質疑応答の直後、車に乗り込む直前に直撃。一言聞いたところ「中国だけではない。広く意見を伺いたい、と言ったのだ」との回答であったらしい。

官民協調プロジェクトの資金計画は次の通り、政府単独よりもコストが抑えられると説明されているのだが。。。。
DSC08087PPP plan

日本の新幹線は、米国カリフォルニアと、アジアではベトナムにお売り込んでいるが、タイへの売り込みはあるのだろうか?(2010.12.5)
DSC08099-10 Exectives for High Speed railway
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r