バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
1/8土曜日に街に出ると
DSC00100-50Children day 2011.1.8
学校や公的機関の広場では、子供連れの家族でいっぱいであった。
そう、タイのこどもの日は1月の第2土曜日である。
ちなみに、父の日は12/5の国王誕生日、母の日は8/12の王妃誕生日になっている。
そこで、日ごろは軍人しか入らない、国防省の士官学校でも通りにあふれるほどの子供とその家族であった。
タイでは、特に職場に子供を連れてきても、鷹揚でみなにかわいがられるが、特にこの日は精一杯のサービスをする。
時には、タレントを呼んでコンサートをしたり、寄付を集めて子供たちにおもちゃやお菓子をあげたり、また、広場では出店で賑わっている。
そう、お祭りである。
日本の成人式を考えると
DSC00102-50Ministry or sport and tourism
周辺には、運輸省やスポーツ観光省、またその先には国防省もあって、官庁街は日ごろ聞けない歓声が上がっていた。
動物園なども無料だ子供連れに開放する。BTSなど交通機関も同じく子供は無料。
その割には、タイの出席率は減少をしている。日本の数十年後を追っているような状況である。

さて、日本では1/10が成人式である。
子供から成人することを祝う日でもある。
2011年に成人を迎える人口は日本では125万人でかっての200万人の時代は過ぎた。
この出生率の低下が止まらないと21世紀末には6700万人程度の人口になる計算。
ただし、沖縄は別で、出席率は高い、
つまり、日本が沖縄のようになれば、人口が増えるのか?
タイも、いまの6700万人が、出生率が低下すると、どうなるのか?
気候的には、沖縄よりは暖かいのであるが・・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/544-863d708d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック