バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
バンコク日本商工会議所JCC経由による被災者への義捐金寄付

最近のニュースリリースを紹介する。
UBM Asia(Thailand)社代表で“INTERMACH 2011”展の運営代表であるマヌー・リィアオパイロート氏〔元、工業省事務次官)は、事業家・ビジネスマンに同展への来場を呼びかけ、日本の被災者を支援するための義捐金を募ることになった。 “INTERMACH 2011”は、ローカルの工作機械を展示する国際レベルの見本市であり、来る5月19~22日にバンコクにあるBITEC(バンコク国際貿易展示場)にて開催される。義捐金については、3月28日、アマリンタワービル内15階のバンコク日本人商工会議所オフィスにて、マヌー・リィアオパイロート氏が同会議所会頭の溝之上純一会頭へ10万バーツを手渡した。
DSC09540-10UBM,Mr.Manu+JCC,Mr.Mizonoue
BOI-UBM共催のセミナーを後援いただくJCC,JETROとの関係

実は、3月末か、4月はじめに表記のセミナーを開催する予定で、弊社が企画、運営の実務を任されていた。
ところが、案内を出す直前、3/11に日本で東北関東大地震が起こった。
その後の情報収集をする中で、相当な被害があって、タイ国内の日系企業は被災をしていないとはいえ、影響が出るのが避けられない。
そのため、BOI-UBMとしても何らかの意思表示が避けられない、としてお見舞いを表明するとともに、義捐金の供出をされるかどうか、UBMに尋ねたところ、同社は既に全世界にいる従業員7000名に、呼びかけ従業員の義捐金と同額を会社が提供し、各国の子会社も独自で義捐金を出すことになった、らしい。
アジアの展示会では、日系企業の出展が過半数を占めて、日本の企業へのお見舞いは日本の子会社でも、またアジアの統括会社でもされていた。

当方も、この活動を応援するため、関係者への連絡調整、ニュースリリースの日本語訳などの協力をすることになった。
お金が無ければ、知恵を出せ、知恵が無ければ汗を出せ、と言うことから汗を出している次第。
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

Your crick can support your sponser to donate 1JPY for the victims.
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/567-fac03722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック