バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
日本のニュースのどれが正しいのか?

タイ人だけではなく、外国人が福島第2原発の事故を受けて、放射性物質の拡散の危険性が報道された直後から、海外に移動したようだ。
一部は、香港からアジアの営業を見る会社もある。
日本の報道では、見えない福島第2原発で火災があった写真が海外のニュースでは報じられている。
また、かってYUTUBEで、NHKが放映したチェルノブイリ原発の報道が最近になって無くなっている。たまたま他に移動されて見えるようになっているチョエルノブイリの事故直後に、当時のソビエト政府は付近の住民に3日分の外出だから手荷物だけを持ってバスに乗るように指示をされて、移動した結果、その後、永遠にもとのふるさとに戻れない事例を紹介してあった。また、風によって流された雲が雨となり、その雨の受けた住民が後々、ガンや悪性腫瘍など、明らかに原発の放射能による汚染によって病気を起こしている、事実も紹介されていた。
直接的な放射線はもちろんだが、内部汚染によって、身体の内部に取り込んだ放射線で苦しんでいる事例も紹介されていた。
参考:
http://www.dailymotion.com/video/xhphl5_yyyy-1_tech
浜岡原発停止、続くのか、再発か?


ところで、5/5に経済産業大臣は、静岡県にある浜岡原発を視察したらしい。県知事から、再開に向けて不安材料が多い、との懸念を表明。再開ができるのかどうか?
中部電力をはじめ、関係者が再開したい意向を示しているが、地元住民に地震、津波対策が十分か、説明ができていない。しかも、東海地震がいつ起きても良い、という小さな地震が頻発し、大地震の予兆があると言われる。

http://vimeo.com/23141252

行政とは、住民に安心と安全を与える義務があるが、正しい情報を与えないで、パニックを避けると言う点から、真実を示さない場合もあるようだ。

真実は、何か?
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

Your crick can support your sponser to donate 1JPY for the victims.

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/575-86bdd206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック