バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
BTSの終着駅周辺を歩いてみた

8.12に正式に延伸されたBTSスクムビット線の終着駅,BEARING駅の周辺を歩いてみた。2年前までには高架部分は完成をしていたもののバンコク都と運輸省との調整がつかず、通信設備のないままが2年ほど続いた。つまり、線路だけあっても通信設備がないと鉄道は運行ができない。
DSC00088-20BTS Bearing3

下車してみると、そこは渋滞道路である。確かに、この道を通ってバンコクの中心街まで車で行くと1時間はかかる。そこがBTSを利用すれば25分になる。
スマートシテイ構想

スマートシテイ構想は主にエネルギーの効率利用、地球温暖化の対策として考えられるが、社会のインフラを統合して考える仕組みの一種。電気自動車の導入もその構想のひとつ。再生可能エネルギーとして太陽光、風力、波力、地熱などの発電と蓄電、消費する側とを効率的につなぐスマートグリッドの技術とつながる構想である。

オランダのアムステルダム、アメリカのボルダーに先進的な事例があり、発展途上国ではアラブ首長国連邦、中国の天津が有名である。日本でも横浜などいくつかの都市でこの実験を進める動きがあるが、タイではどうか?
高架鉄道を運営するBTS社は鉄道会社というよりも住宅開発、都市開発会社でもあり、このような構想を取り入れた土地開発を進めてもらいたいものである。

DSC00103-20The Monmanee Hotel
BTS-Bearing駅周辺のできたホテル MONMANE


東北関東大震災 緊急支援クリック募金

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/602-ebfe4433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック