バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
10/22の土曜日にアユタヤまで

バンコク市内の中心街で、いくら新聞、NETやTVで洪水の状況を見ても分からない。
そのため、タイの連休(10/23がチュラロンコン国王記念日で10/24も振り替え休日)に当たる初日にバンコクの北、アユタヤまで現状確認のためでかけた。
1.市内からドンムアン空港の洪水復旧本部までは順調であった。(写真はドンムアン空港)
DSCF2477-10Water Flood rescue center
ところが、次にランシットまで行くと言うエアコンバスがパホニョーテインとウイパワデーランシットの交差点でバンコクに戻りだした。これでは、初期の目的に達しないので、乗り合いタクシーに乗り換え、ランシットへ。
DSCF2501-10Phaholyotin Rd2011.10.22
ランシットからはシーローか郊外行きのバス

ランシットのFUTURE PARK前は冠水して、営業が出来ない。
DSCF2574-10Future park
シーローが、ナワナコン工業団地を越えて、ナワナコンの町で終点。そこからアユタヤに行く、乗り合いバスがあった。
DSCF2722-10Hi tech IE

アユタヤ市内までいけるのかと思ったが、市内の中心地まで5kmのロータス前で終着。
あとはボートを借りるしか方法が無いが、これで引き返すことにした。
帰りのバスが無いので、大型トラックにヒッチハイク。たまたま、ロジャナ工業団地の応援に行った車だという。
管内が3mも冠水をいているため、大手と言えども工場の現場までたどり着けない、らしい。

タイ全体で、100万人を超える労働者が影響を受け、仕事が無いため、アユタヤ地区からCHONBURI,RAYON方面に移動する労働者も出てるらしい。
今までの労働者不足から、逆の現象が生まれようとしている。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

あなたのクリックは、地震の被災者への寄付となります。今までも毎回、紹介していましたが,BLOGをご覧になる方のご協力をお願いします。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/618-3530229f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック