バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
BOI Fair 2011開催

DSCF4624-10Opening of BOI Fair
2012.1.4にタイ政府投資委員会BOI主催のBOIフェア2011が開催された。
当初2011.11に開催予定が、洪水のため2ヶ月延期され、1/5-1/20までの2週間開催となった。開会式は、シリントン王女が臨席され,Ms.Yinluck首相が開催の趣旨をいきさつを説明した簡単なセレモニーがあった。
式典で上映された映像では、今回のテーマがGREEN SOCIETYを掲げているもので、これはプミポン国王の提唱された理念とも合致するとされた。
屋外会場ではRoyal Projectホールでの演出が印象に残るものだった。
DSC00084-20Royal project
屋外とIMPACT CHARENGER,HALL9の室内と

DSC00087-20BOI Fair at IMPACT
1/4の記者発表、1/5の開会式、1/7の土曜日と3回会場に足を運んだことになる。
開催直前に主催者のBOIの実務を担当したUBM Asia(Thailand)の責任者から、これまでのご苦労を聞いた。
その説明によると、洪水が会場周辺に影響が及ばないか、11月の時点では、担当者が深夜まで勤務したり、また未明にも会場を見回って警戒したご苦労がことが主催者に評価をされたようだ。
しかも2ヶ月開催を延期されたにもかかわらず、追加費用の請求をしなかった。
もちろん経営的にはマイナスかもしれないが、BOIとの関係で、信頼感が高まったのは事実である。
そのため、洪水後のBOIとの調整が今まで以上にスムーズになった、とのことである。

洪水を契機に、関係が強くなった事例である。
これは、大きなイベントの運営の事例であるが、部品メーカーと協力会社の洪水によって関係強化の事例もある。
イベントの表面だけでは見えない、さまざまなドラマがあると想像しながら,BOIフェアを覗いてみてはどうだろうか?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/629-886d52e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック