バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
国際協力銀行JBICとタイ財務省財政政策研究所
DSCF5058-10Mr.Vironn Techapaoboon
2/6-2/7に両期間が主催したセミナーに参加。
主催者の挨拶で、財務副大臣が「タイのインフラ整備と資金調達」について検討する良いセミナーだと紹介。
毎年、JBICのセミナーではその年度の、財政金融問題が議論され、我々日系企業の関係者もタイ人の関係者に混じって勉強ができる。
DSCF5061-10Dr.NNarongchai and panelists
単なる講演だけの形式ではなく、パネル討議の形式も入れて、議論を深めていただけるのがありがたい。
何が課題か
DSCF5067-10ASEAN configulation
ASEAN各国には自前の資金調達をする仕組みがあるものの、資金総額が少ない。
IMFの規定でも、加盟国双方の財政規模の一定限度しかSWAP協定が出来ない。
そうすると、財政基盤が小さい、小国ではインフラ整備は先進国の援助しか出来ないのか?
自前のインフラ整備をするには世銀やアジア開発銀行とともに先進国の銀行借り入れも使いたい、所である。

それには課題が多い。

ひとつの解決策と見えるのがPPP、官民協調体制であるが、これも各国の規律があって、すべて順調ではない。
資本市場の小さいこともあわせれ、今後のASEAN発展の課題を垣間見た、2日間だった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/635-4799edcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック