バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
仕事人間だといわれて

家族のことも顧みないで、仕事一筋という日本の中高年が多い。小生も例にもれず、子供の世話を家内に押し付けてやってきた一人である。仕事がなくなったら、何ができるのか?と聞かれると、何もできない、ことに気が付く。
その中で、必要にさまられてやっているんことがある。
1つは、犬のえさづくりである。長年、ドッグフードだけやってきたが、我が家のマータイ(背中の逆毛が特徴)は、ドッグフードにアレルギーがあるらしい。特定のドッグフードなら良いが、それは高価なものである。

そこで、人間が食べる野菜に鳥の骨を加えて調理した者と、タイ米の炊いたご飯を混ぜてやっれいる
このおかずづくりは1週間か10日分、まとめて作るのである。いったん作ったものは冷凍庫に保管して、毎日、自然解凍をしてやるのである。

現在のバンコクは、朝方の最低気温が23度程度日中の最高気温が34度程度で、乾燥度が高いので過ごしやすい。
次の課題は子供がNZでやっている飲料の自作である。
beer
beer
たまたま、原料がそろっているので、日曜日の朝からやってみた。

午後になって、瓶に詰めてこれから2週間、寝かせてから瓶詰をする予定である。
途中の温度管理が難しい、がこれは課題のひとつ。バンコクならではの特徴は、気温がマイナスにならない、ということ?


最近もある日本からのお客様から聞かれた。
マイナス近くになった東京から来れば、確かに暑いでしょう。
「服装はどうすれば?」と聞かれると,COOLBIZでと答えている。

この気温にどう順応するかが、タイでの仕事の最初。
趣味も同じである。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/678-db863e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック