バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
Mr.Kan社長の講演を

SCG strategy
1/24に泰日技術振興協会TPA40周年の記念イベントがあった。夕方の夕食講演会では、自動車部品のソンブーングループのソンブーン社長のAEC戦略、グローバル戦略とタイ最大手のサイアムセメントグループのAEC戦略を聞いた。

日本留学生が中心になって、日本からの技術移転を進めてきた協会としては、タイの産業を支える双璧を招き今後の経営の在り方を探る良い機会を与えていただいた。

午後の部門では、中小企業のAECに向けての講演もあり、多数の質問があった。

夕方とは、参加者の層が違うようである
2社の違い

サイアムセメントグループでは、早くから世界展開をやり、米国でも進出をしたが失敗をしてきた。そのため、最近はアセアン諸国への展開が主体である。サイアムセメントグループの相乗効果が図れるかどうか?で物事を決める。

一方、ソンブーングループは今まで、日系企業との合弁で、自動車部品生産を行ってきた。それなりの技術、ノウハウを受けると、それをインドに向けたいと考えている。日系企業との方針が一致するかどうかである。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/691-f2cf6fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック