バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
景気のバラメーター
DSCF4543-10Mazda.jpg
タイの消費者が買いたいものを聞くと、家か車。しかし、家に何台も車がある場合は、家族一人一人が乗る車が違う。若い女性に人気があるのはこの車である。トヨタやホンダにない女性らしいスタイルのせいかもしれない。
メーカーはエンジンの省燃費、高効率だという説明があるが、女性にとっては1回のガソリン満タンで、どの程度走れるかである。
経済性とデザインが第1の要素。
二輪は日常生活の足
DSCF4634Honda classic
タイのどの町でも、小さな路地を走るのは単車が一番便利である。
こんかいのモーターショーではホンダの古いカブが展示されていた。40年前の学生時代に乗ったバイクである。
タイでは、ホンダ、ヤマハはデザイン、生産を現地に移管をしている。日本では想像もできないカラーのバイクがある。漫画感覚である。
同時に、悪い田舎道でも故障のしないバイクができてきたのも消費者が育てたせいだろう。
代替の部品はメーカーの純正でなくてもタイでは相当なものが手に入る。
二輪でも4輪でも使用価値を満足させないとデザインだけでは売れない。
その意味で、年間200万台もの市場があるというのはインド、インドネシアについで大きな市場である。

ちなみに、大型バイクの生産拠点もタイに移管してる。
それだけ部品産業が育ったからだろう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/704-78eea5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック