バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
DSCF5225-10BTS Siam Station
不良社員か善良か

数年前のことである。

ある会社の幹部から聞くと、「不良社員」という評判であった。
そこで、友人のタイの労務専門家に同社の内部を調べてもらった。
まったく違う考え方である。

幹部の働きが悪いという。

これでは鼬ごっことなるので、どうするか、最初にご紹介された方に報告をした。

しばらくして、幹部がタイから中国に配置転換になった。

事情が分からないが、何かがあったのだろう。
人事管理は不思議なもの

同じ社員でも、幹部が変わると不良社員が善良社員と呼ばれ、幹部が変わると反対になる。

労務管理の統一性がない、会社である。

幹部が誰に変わっても、部下の評価が変わらない、評価制度ができないものか?

この点は、評価制度を導入する企業の最初の課題でもある。

数字だけで評価するといっても、5.4.3.2.1のどの数値かは人間が決めるため、その後の平均や中間地などは統計的な手法で何とでもなる。

この点をよく考えて、評価制度を入れると良いのかどうか?

年功制の良しあしは別にして、単純なものが良い事例である。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/707-bd66c0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック