バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
毎年のことながら、書類の準備が
P1140655 10before going Immigration Office
毎年9月を迎えると,ヴィザの更新時期を迎える。ここ数年は、秘書が書類を整えてくれるが、その準備で1か月ほどかかる。
税金(VAT、法人税、所得税)の支払った領収書を提示するだけではなく、その領収書を再度、役所に提示して確かに受け取ったという認証まで必要。会社の謄本と決算書は商務省。社会保険は支払った各事務所で証明をもらう。
昨年1年間は、支払った事務所が労働省の本庁だけではなく、会計事務所の近く、弊社の近くなど3か所を使って支払ったので、証明も3か所必要。
それぞれ委任状を書いて、現場で申請したものにすぐ証明をもらえる場合は良いが、最悪、翌日で直しとなる。
移民局での待機時間
DSCF6767 10 Immigrationoffice20130906
今年は、9/6に移民局に行く。しかし、書類不備で、午前8.30に番号をもらったのが20番前後。
書類のコピーが足りない、として再度、コピーとしている間に、番号が飛んで、再度、番号待ち。
結局、昼を挟んでしまった。
食事を済ませて待機してようやく2時過ぎに、書類の点検をしてもらって、ようやく1段落。
更新料を3000THB近く支払って、再度、上席の係官に面接をしてもらって、本日の申請は終了。
パスポートに仮受付で1か月後に再度、正式なヴィザをもらいに来ることになる。
その時に、再入国許可をもらってから、海外出張も遠慮なく行けることに
仮延長でも再入国許可があれば出国はできるが、都度1000THBほど支払っては、高くつくばかり。

9/6の午後、労働許可申請に行く予定が、時間切れで、9/9に労働省に行くことになった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/722-4b4a72d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック