バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
映画「ホワイトハウスダウン」
-想定外の事故が起こった場合、どうするか?

ショッキングな映画である。
ありそうもないことが起こるとどうなるのか?

1. 大統領に権限が集中しているため、もし誤った判断で核弾道を発射したら
2. もし、ホワイトハウスがテロ集団で占拠されたら、ホワイトハウスを攻撃するのか?
3. もし、大統領の腹心が誤ってテロ集団に加担していればどうなるのか
4. たとえ、大統領が事故ある時は、副大統領が、もし大統領に就任した元副大統領が事故あれば下院議長が、という順位があっても、隠された陰謀によって誤った政治判断がなされた場合は?など、映画らしい、ストーリーが展開する。
5. 映画と引き立てるのは、ヒーローとその娘である。
6. ホワイトハウスが抽選によって一般公開された時に、SPの面接を受けたヒーローはその場では失格だといわれたが、引き続きホワイトハウス見学中に参加。テロ事件に巻き込まれる。ヒーローが大統領をかくまい、テロから一時は隠れるが、再度はテロに捕まる。それまでの戦闘、アクションも目を離せないが、ヒーローの娘が怯えながらも勇敢にテロの実態をスマートフォンで隠し撮りをして、情報を外部にだす。テロの一行が大金と逃亡する要望をしたときには、全員の顔と経歴が軍には把握されていた。
7. 2時間10分余りの映画だが、目を離せなかっった。
(参考) http://www.youtube.com/watch?v=ndpNqYoN2DM
我々が考えねばならないことは、メルマガに紹介しています。
MAGMAGで[from BANGKOK」をご覧ください。
2013.9.16号
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/723-75100975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック