バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイから
国際交流基金が日本語教師を

文化や芸能の交流をするだけではなく、基本は海外での日本語の普及をする団体が国際交流基金である。

“日本語パートナーズ”募集要項を紹介しよう。

1.趣旨

幅広い世代の人材をASEAN諸国の主として中等教育機関に派遣し、現地日本語教師と学習者の日本語学習のパートナーとして、授業のアシスタントや会話の相手役といった活動をするとともに、教室内外での日本語・日本文化紹介活動等を行い、ASEAN諸国の日本語教育を支援します。同時に、パートナー自身も現地の言語や文化についての学びを深め、ASEAN諸国と日本の架け橋となることを目標とします。なお、本事業は2014年から2020年までの7年間実施するプログラムです。

2.派遣国、派遣時期、期間、派遣人数

ア.インドネシア(インドネシア1期)
•2014年9月中旬~2015年6月下旬(約9か月)、25名

イ.タイ(タイ1期)
•2014年9月初旬~2015年3月初旬(約6か月)、30名

ウ.フィリピン(フィリピン1期)

•2014年10月中旬~2015年8月中旬(約10か月)、3~4名
•2014年9月中旬~2015年3月下旬(約6か月)、1~2名

(写真は、タイの伝統的な踊り2005年撮影)
生徒1
まず、この募集を聞いて思ったことは次の通り。

日本語教育にようやく気が付いたかという感じです。
しかし、残念ながら、上記の人員と予算では足りないと思います。

海外の中国語教育にはこの1桁も多い教員と予算をつけているようです。

アセアン各国を回ると「孔子学院」という看板が見えます。
これが中国政府の壮大な構想で、各国に中国語人材を育成しようとするものです。

数年前もタイのバンコク大学で、日本語学科と中国語学科設立の構想が出
たところ、中国語学科には中国からの支援が大きいため、すぐに決まったと伺いました。

このあたりの危機感が日本政府には足りないと思っております。


では、最後に待遇はどうか、というと・・・
滞在費

月額85,000円~110,000円程度(所得税引後)
※派遣国の物価、生活水準、為替相場等の状況に応じて基金が国ごとに定めた額
これに互角手当として15,000円が追加される。

住居費は規定通り負担あり。

このような条件で応募される方には、相当な情熱が無いと、長続きしないと思われます。
(写真は2006年にミャンマーで訪問した小学校の生徒たち)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/766-9c4dd090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック