バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
昨年から今年にかけて

1・ある工業団地に割賦販売の店の2号店が生まれた
2・7月の始めに、あるスーパーの店舗内にあるアコムの返済コーナーに
 行列が出来ていた

割賦販売

3・ある電子部品メーカーの従業員用の駐車場が不足で付近に違法駐車をして困っている
4・EGAT(タイ電力公社)の本社にある駐車スペースは従業員の車で占拠されている
5・4月の消費や投資は減少したが、二輪車の販売は低下していない

では、これらの現象をどう見るか?
上流社会と中流社会の格差は縮小か

先に紹介した現象だけでは、詳しい分析が出来ないが、
聞き取りや手元資料と現象を比べるとストック面では
格差の解消は出来ないが、フロー面では中流社会の上昇は
相当現れてきたのではないか。

EGATの駐車場は


子供が通うインターナショナルスクールに通う家庭はタイでも上流社会に入る。われわれから見ると、その資産規模は比べようのないほどの家庭もある。
長男がしみじみ言うには「タイ人の金持ちは比較できない。なんぼでもいる。」
その通り。
休暇になれば、海外旅行は当たり前、日本に旅行をして日本食を味わい、欧州に旅行をして本物のブランド物を本場で買う。
このような家庭もあれば、その日暮らしの生活を送る家庭もある。
格差が大きい。
数年前、ある銀行の調査員が分析されたタイ社会の階層社会の
調査が参考になった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/77-0dc9ea06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック