バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ビザは会社の成績発表会

毎年9月になると、ヴィザの更新がある。
会社の決算と、過去3か月のVAT、社会保険の納付証明、2013年度の法人税、個人の所得税の納付がどうであったかの照明を添付しての申請である。今年は、会計事務所に依頼して、税金の納付証明は過去3か月集めてもらったが、VATについては日本での入金も本来、タイでの収入であれば報告する義務があるとして修正をして、追加納税を行った。
これ以外にも、家内のVISAも同時に申請することから、戸籍謄本を取り寄せて、婚姻照明が大使館にてお願いする子必要がある。9/4に事前に相談をして、足りない書類を補足して9/16に移民局に行くと、10/14に1年のビザがもらえる段階になった。窓口では、足りない書類もあったが、係官の助言で何とか整ったのである。
DSCF3019OTOP from south
労働許可は、個人の成績発表会か

VISAの延長が決まれば、今度は労働許可の延長である。
9/17に書類をもらいに労働省の雇用局に伺う。
書類を見ると、健康診断が必要である。
早速、事務所に近い病院を訪ねて簡単な問診がある。身長、体重、血圧と血液検査。すべて終えて1000THBあまり。10数年前は200バーツ程度であったが、今では高くなった。

さて、必要書類に記載して雇用局に伺うが、タイ人スタッフの技術移転がどの様にされているか、タイ語の書類が必要。
説明をしてもわからない現場を見ていた係官が、見かねたのか、手慣れた民間コンサルタント事務所のタイ人スタッフに手助けするようにお願いをしていただいた。同行したタイ人スタッフもその助けを借りて、記載。
その後は、係官の指示通りに動いて、3時前には完了。
11時過ぎから4時間、途中に昼食をはさんだが、半日で終わった。スタッフにどれだけ教育してきたか、成績を見るような気持である。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/794-9524e1b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック