バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。

お蔭様で、法人設立10周年になります。これも皆様のご支援のお蔭と
感謝しております。
弊社のMagmagやblogでも、タイと周辺国視察など紹介しています。
http://www.tmo.co.th

さて、最近訪問したラオスの方と肩書について意見交換をしました。

小生の事務所の名刺に肩書を入れていません。
業務内容を説明する意味でresearch and business matchingとしています。

対外的に契約までするなら必要ですが、法人と言っても
個人事務所で自分自身が何でもやる小さな事務所です。

ただし、中小機構や海外職業訓練協会からはアドバイザー
の名称を使うようにと言われていますので
その際はこれでやっています。

現地語の名刺と、英語(または日本語)で表と裏を使う場合、
対外的な形式を重視する場合など、必要に応じて名刺を使い分けることも
可能ですね。

当方は気にしていませんが、誤解を与えるなら何らか対策は必要でしょう。

皆様はどうされていますか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/804-1ec3982d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック