バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイをはじめ、東南アジアからの輸出が変調をP1110621bangkok.jpg
従来の輸出偏重の景気回復は難しくなっている。インドネシアでもタイでも、今までは輸出が回復すればとけいきがよくなると期待されてきたが、実態はそうではない。今までは、中国や新興国に東南アジアから様々な商品が流れていたが、中国市場も今までのようにすべて輸入ではなく、国内での代替生産ができている。
そこで、各国の政策当局はどう考えるのか?
国内産業の振興とともに、海外の消費市場に直接売り込む商品を考えるべきだとしている。
B2BではなくてB2Cである。

パッポン通りの朝の前
P1110502pappong street
夕方友られば、観光客や遊興客でにぎわう、バンコクのぱっぽん通りも朝の姿はこの通り。入口で、露店が並ぶが、これは朝食や果物を売る店である。
ビジネスは1面だけ見ればすべてはわからないが、時間と変え、場所を変えてあらゆる可能性を探れば道は開けてくるのである。

われわれも新しい市場を見出す時が来ているのでは・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/817-c2f63524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック