バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ネパールの地震後の様子
P_20151024_141657.jpg
先週は、ネパールから家内の友人夫婦が我が家を訪問。現在、日本の実家に戻っていかれた。
当初は5月の連休に日本へ行く予定が、ネパールの地震で、延期。現地で自分たちができる援助を実施。家が崩れ、道も寸断された中でのサバイバルゲームだったとのこと。田舎の家は崩れ、道路も専断された中、ネパール人だけで助け合いをしてきた。
欧米の在住者は、自国から救援の飛行機が飛んできたり、食料の援助もあるが、なぜか日本政府は在住者に十分な救援ができていなかった、との現地情報を得た。JICAもスタッフへ3か月間、ネパール国外に避難措置をとり、現地人へは手が差し出せていない。これでは、何のための国際協力なのか?との疑問も。2004年のスマトラ地震での日本大使館の応援体制と変わらない。

9月からは、インドから燃料が入らないため、地震直後よりも悲惨とか。
地元の方は、従来の槇と炭を使って、クラスが、カトマンズでは電力供給もままならないままでは、大変だ。
半年遅れの里帰りを決心したのも、現状の悲惨さ、地震直後の現地事情を日本に伝えるためとか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/828-18273d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック