バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ダウンロードhun sen pm
カンボジア独立の戦士で、ポルポト派の政権を追い出したあとの政権中心部にいたSay Phouthang(サイ プートン)氏が2016年6月13日、カンボジア国境に近いタイのTrad県で亡くなった(96歳)。サイ プートンは1985年、当時32歳の外務大臣であったHun Sen(フンセン)を首相に推薦し、政権中枢部が同意して、以後30年、首相の座に座ることになった。
このため、フンセン首相はサイ プートン氏を最も尊敬する政治家としてみてきた。
Say Pouthang
フンセン首相は自分を指名してくれたサイ プートンの恩義を忘れることなく、晩年、ラマ9世病院に見舞いに出てきたり、私的にもタイ訪問があった。これでお分かりの通り、フンセン首相は葬儀委員長の役割を果たすのである。
こわもてで、公的な場面では感情を表さないフンセン首相が公衆の前で涙をぬぐったのである。その涙には、30年前に指名されたこと、その後、シアヌーク前国王との関係や、ラナリット第1首相、フンセン第2首相などの時代など胸中に去来するのもは何だったのか?(MAGMAGのFrom Bangkokの一部を紹介しています。写真と原文はBangkok Postおよびwebsiteから)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/862-b0587941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック