バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
年中無休の7-Elevenまで休む、国王火葬の日
P_20171026_185748closed 7-11
朝から10数年我が家、わが事務所に勤めるオップと娘さんが国王の火葬日でバンコク各地区に設けられた参拝場所に行ったらしい。10/27に聞いたところでは、次の通り。
朝6時にタイ日本青少年センターで到着し、番号札を貰ったのが10時。列に並んで、途中昼食も支給されたが、急いで食べろと言われたので、娘のミンは食べられず。
慰霊の前にて祈ったのが午後3時で、事務所には4時過ぎに帰ってきた。
オップの姉夫婦も慰霊所に並んだらしいが、数時間も係ると聞いて、オップの顔を見て帰って行った。
P_20171026_185118shop.jpg
朝から、www.kingrama9.netで国葬の様子を生中継をしていた。
ただし、最後の火葬の場面からは現場の映像が流れず、国王の業績の紹介だけ。
P_20171026_184121cremation.jpg
日中の暑さと夕立をさけて夕方6時にSapankuwaiのお寺で祈りをささげる・・・予定であったが。
写真に見る通り、Sapankuwaiの交差点から、BTSの駅を超えて、1000名は超えておる。お寺の路地まで行ったが、その先も数百人が並んでいる。しかも、お寺は入郷制限をしているらしい。列は遅々と進まない。
P_20171026_183846the line to the temple
P_20171026_183955the line to the temple

最初から列に並んだら、夜中の12時過ぎでも無理。
10/26の夜中前に、寺の高僧が、閉門と言ったらしい。
10/27の朝、オップから報告を受けた。
結局、26日の夜は、家で祈りをささげる方がよいと判断して、黄色の花を買って、事務所に掲げてあるプミポン国王の写真の前で、平安を祈ったのである。
IMG_2217pray at TMO
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/949-da9ab3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック