FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タレントを発掘する
P_20171031_195656Luka Olrostsvaridze
10/31にピアノコンサートに行ってきた。奏者は、mr。Luka Okrostsvaridze,1991年ジョージア国の生まれで26歳。
たまたま、バンコクポストに紹介された香港国際音楽祭で優勝し、その他の国際コンクールでも優秀な成績を収めた若手ピアニストである。
わずか8歳でロシアのピアニストで指揮者であるVladimir Spivakovに指導を受け、同時に師匠から奨学金と資金援助を受けて2004年からロシアに移動。Mr.Sergei Dorenskyの指導の下、モスクワ・チャイコフスキー学院を卒業。その後、ロンドンにある王室音楽大学で修士を終了。大学ではMr.Norma Fisher先生から指導を受けた。

当日の演奏は次の曲。
Bach ,Preludes WTK,No2.in C minor,No.10 in E Minor
Chopin Ballard No.$ op 53 in F minor.
Rachmaninov Music memoment op.16
No2,No.3,No,4
Schubert Impromtus.op.90,No3.No.4
Lszt ,Hungarian Rapsody No.2 in C sharp minor.
小生が気に入ったのは、後半の3名の作者の曲であった。
受賞歴は
P_20171031_201711Geothe.jpg
2017年のハノーバーでのショパン国際ピアノコンクールで1位。2016年は香港で優勝。同じく2016年はモロッコ交響楽団国際ピアノコンクールで優勝など。
P_20171031_201733geothe.jpg
彼は18歳で米国のカーネギーホールでの演奏を始め、豪州、中国、ジョージア、ドイツ、イスラエル、イタリア、日本、カザフスタン、ルーマニア、ロシア、南アフリカ、スイス、トルコ、ウクライナなど、世界の著名な音楽ホールでも演奏を重ねてきた。
BBCを始め、ラジオなどでも放映をされている。フランスの有名雑誌[Classica」でも紹介されるなどCDも発行している。(以上コンサートの案内から)

演奏会を終えて、園内にあるレストランでドイツビールを楽しんだ後、帰宅したのである。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/953-d91d95c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック