バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ramakien demon50
2月3日に第72回タマサート大学とチュラロンコン大学のサッカー戦があった。サッカーの試合前の余興で、タマサート大学は神話ラーマキエンを題材に悪魔のNONTOKを山車に担いできた。数千年前に悪魔のNONTOKはシバ王に面談する前に召使になって、天使の足を洗う役目で面白くない。天使は悪魔のNONTOKをあざけり、頭をたたき、顔をたたき、髪の毛を引っ張るのである。怒りと恐怖で悪魔のNONTOKはシバ王に面談し多くの人を殺したダイヤの指で許しを請うのである。悪魔のNONTOKは自分の力を間違って使い、多くの天使を殺したことから、シバ王はナライ王に銘じて悪魔のNONTOKと戦うことを命じるという物語である。この題材を使って、プラウイット将軍の豪華な時計を使っていることを比喩したものである。
チュラ大の山車では、タイランド4.0をテーマに、ロボットを使うことにより自由に考えることもできない、知識が限定されるという主張をした。いずれも学生たちが現軍事政権に対する意思表示の表れであろう(2018.2.2および2018.2.4のバンコクポスト参考)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/971-8cfe97e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック