バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
自転車の後輪がパンクをした。バンコクの郊外、ランシットの
IMG_3282new town
新しい宅地でパンクだと発見したが、自転車屋さんが見当たらない。
住民に尋ねると、先ほど通った古い住宅地に自転車があると聞いて尋ねると、20年以上前から営業をしているという。自転車の販売と修理だけではビジネスにならないのか、炭と洗剤など日用品も販売をしていた。日曜日の午後であったが、閉まっていた店を開けて、タイヤチューブの交換をしてもらった。交換費用といっても安いので、店主が進めるバックミラーも購入。それでも現在のバンコクの1日当たりの最低賃金の半分ほど。
IMG_3238Le noir
IMG_3263old town
P_20180114_113408_chewatai map
P_20180114_105620_ransit market
1/14はレッドラインの終着駅とみられるランシットからナコンナヨック方面の道路の沿って開発されている住宅地を自転車で回ってきた。3寝室、4寝室で、敷地は150㎡から200㎡を超えるものまで。販売価格は2百万バーツから8百万バーツまでの新しい宅地と、その横で10数年前に開発された古い住宅地をみた。高級住宅では、宅地のゲートが2重になり、ある住宅地では、入り口、中間、宅地の奥まで数か所に警備員が配置。宅地の入り口には産土神をまつり、宅地住民向けのプールとフィットネスセンターがある。
P_20180114_114300_club house
[ランシットからナコンナヨック方面を回る]の続きを読む
Khao Hin Sorn 王室プロジェクト
P_20171222_142053Khao Hin Sorn
12/22にJCCヘルスケア委員会の視察会に参加した。タイの政策や価値観の基礎となる「足るを知る経済」と持続可能な「農業」と「食」を目指す「新理論農業システム」を学ぶのが目的である。
行き先は、バンコクから車で3時間、Chachaensao県のKhao Hin Sorn王室開発研究センターである。当初は工業団地にする予定地であったが、前のラマ9世国王の命により、1979年に農業開発センターになった。広大な畑には様々な農作物、花、池には魚もあり、学ぶ人向けの寮もある。長期、短期の授業料は無料で、作業奉仕兼学習の場でもある。

P_20171222_144012reserver.jpg
[Khao Hin Sorn 王室プロジェクトを視察2017.12.22]の続きを読む
12/30-1/1はフーコック島に
P_20171231_065811ridge hair

目的の1つは、タイにもいる逆毛の犬が現地にいるのを見に行くため。

2つ目は、シンガポールと同じ大きさの島が現在どうなっているのか、見るため。
P_20171230_162635pepper tree
農業は、胡椒の栽培で有名。
[開発が進むベトナム南部フーコック島に]の続きを読む
謹賀新年
P_20171226_123237k bank
クリスマスが済めば、町はお正月を迎える準備である。
カシコン銀行前も、クリスマスの飾りが、正月の飾りに変更である。
クリスマス当日に日本とベトナムから友人が
P_20171225_145053center point
「朋あり、遠方から」2名がバンコクに立ち寄ってくれた。
1名は、日本から韓国経由で12/25にバンコクに。年末までタイに滞在される。もう1名は、12/24-12/25にベトナムのハノイからバンコクに。
[朋あり、遠方から2017.12.25]の続きを読む
仏教国のクリスマス
P_20171217_192113RACHAPRASON.jpg
乾季に入るとビアガーデンが賑わしい。
ワートレ前にはビアシン、ビアチャン、など。
P_20171217_194233xMAS DECOLATION
MBKに行くと大きなツリーが2階のペデストリアンデッキに飾ってある。

欧米人の観光客ではなくタイ人が電飾を楽しんでいる。
[バンコクのワートレ、MBKのクリスマス飾り2017.12.18]の続きを読む
久しぶりのバンプーゴルフ場で
P_20171216_115542MMAHOROBAKAI.jpg
10月が前国王の火葬の儀もあり、国民の服喪期間中ということから、延期をして、必死ぶりのまほろば会(奈良県人会)ゴルフである。
2組、7名と少ないが、少ないだけ和気あいあいのゴルフである。
[まほろば会(奈良県人会)ゴルフ2017.12.16]の続きを読む
12/10の休日を利用して、タイとカンボジア国境のアランヤプラテートに足を延ばした。
バンコクのエカマイバスターミナルから毎時、ロットウ、またバスもモンチット、エカイマイ、
などから出ているので、バンコクとの往復は片道3時間半もあれば可能。
片道200バーツのバス代はタイの最低賃金より安い。列車はバンコクから1日2便。
料金は安いが5時間ほどかかる。
カンボジア国内ポイペトまで入るなら、現地で1泊したいところだが、12/11には来客があるため、日帰りに。
IMG_2995border.jpg
現地のホテル代は、バスターターミナル横のホテルで1泊390バーツ。
新しくできたHitz hotelでは1泊690バーツ。
IMG_2975hitz hotel690

[12/10カンボジア国境は賑わいを]の続きを読む
Lam Luk ka Golf CC
年末ということで、参加者が少なかったが、気候も良く素晴らしい条件でゴルフを楽しめた。
しかし、相変わらずの大たたきで、前半59、後半59、合計118だが、HDCが32でNET86.
さすがに有償ではないが、2位になった。
そのため、HDCが改訂されて29である。
P_20171202_075227mahoroba golf
[またもや大たたきのゴルフが、2位になった(晴れ晴れ会)]の続きを読む